CIM-PDF for dwg

機能概要

部材種類がレイヤー名で管理されたdwg形式の3Dモデルと寸法線をCIM-PDFに変換するアプリケーション

提供価格

1年目
¥ 400,000(税抜)/1ライセンス
2年目以降
¥ 300,000(税抜)/1ライセンス
※1年単位のサブスクリプション販売となります。

製品の特長

寸法線、アノテーションを含む複数dwgファイルを自動で統合しCIM-PDFに変換できます。

AutoCADの機能「寸法線(DIM)」で作図した寸法線を、そのまま変換することはできません。
「分解(EXPLOE)」コマンドで「線分」と「テキスト」にして頂く必要があります。

CIM-PDF for Navisworks

機能概要

部材種類がレイヤー名で管理されたnwd形式の3DモデルをCIM-PDFに変換するNavisworksアドオンアプリケーション

提供価格

1年目
¥ 300,000(税抜)/1ライセンス
2年目以降
¥ 200,000(税抜)/1ライセンス
※1年単位のサブスクリプション販売となります。

製品の特長

Navisworksで表示状態の3Dモデルを手軽にCIM-PDFに変換することが可能です。

機能比較

製品名

CIM-PDF for dwg

CIM-PDF for Navisworks

保存ビュー △(視点のみ) 〇(視点、名称)
テキスト出力 ×
地形 △(obj) △(fbx)
おまけ機能 点群(Las、pts)
パノラマ画像(jpeg)
--
注意)おまけ機能はCIM-PDFサポート対象外となります。予めご了承ください。

当サイトについて

当サイトはCIM-PDFを利用する下記の方をサポートするためのサイトです。

施工者 施工現場で作成した施工管理記録などの属性資料をCIM-PDFに追加保存したい方
管理者 施工者から納品されたCIM-PDFを利用して、施工管理記録などの属性情報の検索や、点検記録などを追加保存したい方

NETIS登録

CIM-PDFは国土交通省の新技術情報提供システム(NETIS)に登録されています。

申請窓口 近畿地方整備局 近畿技術事務所
技術名称 CIMモデル管理システム「CIM-PDF」
登録番号 KK-170001-A
登録日 平成29年4月5日